FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2019 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


育成補償金ルールを規定=日本サッカー協会
時事通信 - 2009/10/8 19:17

 日本サッカー協会は8日、東京都内で開いた理事会で「プロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則」の改正案を承認した。この中で、若手選手が最初にプロ契約したクラブから移籍する際に必要な「育成補償金」について明記。23歳以下選手のJ1移籍に際しては、移籍先クラブが21歳までの旧所属クラブに対して「800万円×在籍年数」を支払うと定められた。
 育成補償金については、国際サッカー連盟(FIFA)が各国の事情に合わせて独自ルールを認めており、Jリーグと選手協会の調整が難航。選手側は FIFA規則通りの金額4万ドル(約350万円)を求め、リーグ側は対象年齢の引き上げを主張していたが、このほど結論が出た。 



 育成金でもめてたこの話ですが、ひとまず決着となりましたね。まぁイマイチ詳細でどうなるか分からないことはあります。たとえばFC東京ユース→大学→FC東京でとかどうなるんでしょうか?発生するんでしょうか?

 まぁこれで移籍市場が一気に動き出しそうな気がします。今季の市場の主役はやはりレアンドロマネーがあるガンバでしょうね。かなり中盤も高齢化してきてますし。あと今年の降格チームは厳しい事になりそうですね。特に大分。胸スポの問題でもめてますし・・

 まぁロアッソは資金力のない下位クラブなんでそれなりの引き抜きは覚悟しなきゃいけませんね。まぁ別れがあるから出会いがあるんだし。前向きに行きましょう。
 
スポンサーサイト


この記事へコメントする















12

Author:12
通りすがりのお馬さんにようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。