FC2ブログ
2009 / 08
≪ 2009 / 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2009 / 09 ≫

 戦前の予想の通り自民党が大惨敗しましたね。俺はどこの政党の支持者とかはありませんが、民主が6:4ぐらいで勝つのが一番いいのかな?って思ってましたが、大差がついてしまいましたね。僅差のほうが議論がきちんとできると思うんで。

 今日は用事で友人と福岡まで行っていたのでスカパー観戦となりましたが、お試し期間終了から手続き完了のはがきが昨日くるまではコンセントを抜いていたので、信号を受信できておらず・・・電話したりなんので後半15分からの観戦になりましたね。

 俺が見始めた時には2トップだったんで3トップの評価どうだったんでしょうか?交代がいつも遅い監督がハーフタイムで交代させたんで、おそらく駄目だったんでしょうね。あと河端も・・・

 試合を見ていて、思ったんですが・・・細かくなにも、やたらめったら細かくいかなくてもいいんじゃないでしょうか?DFラインや深い位置でのその行為はパスミスやインターセプトがそのまま失点につながりますし・・・

 このままじゃ監督は解任濃厚でしょうね。木島を干し気味に使い、主力FWは全員怪我(中山、宇留野、木島はおそらく今日の感じだと・・・)。使わない選手はほとんどチャンスを与えない。セカンドトップ系の選手が多い中で数少ないCF系の井畑も使われないし、松岡なんかはTMなんかでは右SBばっかりやらせてるのに試合で使うときはウイング・・・もう理解ができません。

スポンサーサイト



 今日は久々に体調がよかったので、気晴らしも兼ねて大津までTMを見に行ってきました。写真も撮りましたが、コンパクトデジカメなんで遠いですね。

8.291
8.292
8.293
8.294

 TMはサブ組中心でしたが、結構練習生もいたそうですね。主観ですが、アップをしている選手の数がいつもより多く感じました。俺はそんなに目がよくないんで背番号がないと動いている選手の顔までは識別できません。ライン沿いぐらいはだいたいわかりますが・・・

 結果は2?0ですね。たしか1点目は前半で、左サイドからドリブルで中に入ってきたウイリーがエリア外からたたき込んで先制。PAのラインが引いてなかったので、はっきりはしませんが。2点目は練習生だったみたいですが、縦パスからCB2人と対面しながらもゴールを決めました。

 結果は2?0ですが、大津のGKに前半は何度もファインセーブをされましたし、全体を通してロアッソは高く保ったDFラインの裏、特にSBの上がったスペースを狙われましたね。幸い、相手のシュートが枠に行かなかったの失点はしませんでしたが・・・

 あと後半はCB?に大久保?って人がいたみたいです。GKの小林が「大久保ーー」、「山下ーー」と叫んでいたので、おそらく間違いないと思います。


2009年出場時間@34節


 前回の記事を書いていて今年は開幕から大してメンバーが変わってない気がして、こんなグラフを作ってみました。ポジション別に並べてみましたが、原田はDF、小森田はFWにしときました。

 気がつけばGKでは木下が一番出てたんですね。結構意外気がしたんですが、思えば稲田は9試合しか出てないんですね。DFでいえばCB陣は、ほぼ横一線ですね。層が薄いSBはやはり頭一つ抜けてますね。

 MFは全試合フル出場の石井、藤田、山本が抜けてます。スタメンに定着してきた西が今年の新人ではトップですね。吉井は途中怪我ありましたが、中盤は選手起用が偏ってますね。

 FWは軒並み低くなってますね。まぁ宇留野は序盤に怪我もありましたし、木島はスーパーサブ起用もありました。意外なことに山内が井畑よりも出てたんですね。

 今度は時間あるときに去年のも作ってみようかと思います。

▼read more


 現状のロアッソの修正されなさを見ていると、しんどいので去年の変化でも振り返ってみようかと思います。

 というわけで変化がわかりやすいように開幕戦から節目ごとにスタメンとベンチの選手を見て去年のチームとしての進化を見ていこうと思います。すべてアウェイなのは偶然です。まずは開幕戦。

2008年その1

 基本はJFL時代をベースにしていましたね。GKは小林が怪我のためにルーキーの吉田でした。中盤には小森田の守備の負担を減らすためにDFの福王が起用されてました。西森が昨年の左から右に移って左にチャ・ジホが入る形。

 FWはポスト系とストライカー系。中盤はサイドアタッカーと攻撃的ボランチと守備的なボランチと割とオーソドックスな布陣でしたね。




2008年その2

 このころになると、FWは変わりませんが中盤に大きな変化が出てきました。この試合は左に宮崎が入っていますが、基本はジホがレギュラーでした。中盤の底にはハードワークが売りの山本と山口のコンビが定着します。それに伴い小森田の前目の起用が増えてきました。小森田はサイドに張るのではなく真ん中寄りで、こぼれ球に反応してフィニッシュに絡む形が出てきました。

 DFはコンディションがイマイチの有村に代わり矢野のSB起用も始まり、CBもいろんな組み合わせも試されてました。




2008年その3

 ジホの怪我もあり、松岡が左。小森田の運動量のなさが問題となり、怪我から復帰した吉井がサイドで起用されてました。木島のコンディションが整ってきた為にスパーサブとしての起用も始まりました。がこの形はあまり長くは続かず、山口の怪我に伴いフィードアウトしていきます。




2008年その4

 ジホが復帰してからSBに入るようになると、徐々に上村が外れることも多くなってきました。システムも4-1-4-1になりまして、徐々にMFが山本、吉井、宮崎で固定されてきました。そして中山がサイドで使われるようになってきました。

 なかなかシステムが機能せず、中盤がダイアモンドの2トップも何試合かしてますが、喜名が怪我すると、それもなくなって行きました。





2008年その5

 順番通りにいくと最終戦の44節になりますが、最終戦は思い出作りがあったんで、その前の山形戦にしました。

 このころになると上村は控えとなり、CBは矢野、福王、河端の争いになってました。中盤はこの3人で固定され、4-1-4-1の時とは違い、前線の3人は流動的にポジションチェンジを繰り返すようになりました。



 こうみると結構変化がありましたね。

 ここんとこお盆で更新をさぼってましたが、今日から更新再開です。ちなみに今日の試合は行ってません。どうもここ2、3日体調不良なもので・・・

 今日のスタメンはこんな感じですね。

■■■■高崎■■荒田■■■■■■■■■■■宇留野■■西■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■藤田■■■■■■■■■■■■■
■■遠藤■■■■■■菊岡■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■原田■■■■■■■■■■市村■■■■■■
■■■■森村■■下田■■■■■■■■■■■■吉井■山本■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■小澤■■■■■■保崎■■■■■■■■■福王■■■■河端■■■■■■■■■■■
■■■■■中村■大和田■■■■■■■■■■■■■石井■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■本間■■■■■■■■■■■■■■■■■■木下■■■■■■■■■■



 試合結果は1?3で敗戦。得点者は宇留野、荒田、森村、高崎。

 熊本はここに2年固定していた4バックを3バックにしかえてきました。そして久々の河端がスタメンになりました。おそらく河端は前線でポストをこなす高崎抑える役割だったのでしょうが、この策がうまくいきませんでしたね。1点目はGKからのロングキックを高崎が頭でDFの裏に出し、荒田のゴールにつながりました。2点目は森村の枠内に行っていたとはいえ何のこともないシュートに木下の反応が遅れ・・・3点目はCKのカウンター。右サイドのクロスを高崎がたたき込みましたね。

 言っちゃ悪いけど河端はもう限界ですね。売りであるマンマークも通用しなくなっています。4バックのCBも裏を抜かれまくり、3バックのストッパーとしてマンマークでも抑えきれなくなってきてます。あげくの果てにPAギリギリで高崎の足を削りFKを与えて・・・・高崎は交代。まぁ試合後に普通に歩いてたんで大事には至らずよかったです。


 思ったんですが、ここ数試合失点が異常に多いですよね。それって中山がいなくなってからな気がするんですよね。今季前線でターゲットマンとなってるのは、中山か小森田なんですがこのところその二人がいませんよね。そのために人数が揃っていない場合は、2、3列目からの飛び出しを待ってから上げることも多いですよね。そうなると、おのずと跳ね返された時に熊本の中盤が空くのでカウンターをくらった時にの時に枚数が足りなくなる。それが失点の原因の1つなのかなぁと思いましたね。

 守備の改善は意外とFwがキーになっているのかもしれませんね。別メニューの小森田と中山の復帰を心待ちにしてます。
 

 去年Ac熊本は5年後にJ1に上がるということで5ヶ年計画打ち出しましたね。んで今年の目標は10位。この目標を達成できなかったときはだれが責任をとるか?これははっきりしとかなければいけないですね。

 基本的に長期の計画は責任があいまいになるので、駄目だといわれています。だからと言って行き当たりばったりではいきませんけどね。

 俺としては今季10位に届かなかった場合は、きちんと責任もって北野監督にはやめていただきたいです。去年どんな時も連戦でも馬車馬のように走り続けた運動量、プレスをあっさり捨て去った。これでは外部からではなく内部から昇格させた意味がありません。内部から上げた意味は去年の継続+発展のためのはずです。それが今や60分でスタミナ切れのチームになってしまいました。

 そりゃあパスサッカーは結構です。けど本当にパスサッカーしたいんなら運動量が必要でしょ?動かずに足元にピンポイントでおさまり続けるなんてありえないんだし。パスコース作るためには走り続けなきゃ。

 彼は就任記者会見でこう言ってましたね。「熊本の人間は一見キレイサッカーを好むように見えて、実は泥臭く走り続けるサッカーを好む」。いい加減に有言実行してほしいです。まぁたしかキャンプの時からボールをもった練習中心で走り込みを多くしてないみたいなんで今更無理でしょうがね。

 たしかに今日の審判はひどかった。先制点のきっかけになったイエローは明らかに誤審だった。けどそれ以上に情けない試合だった。今日の試合。

 用事が早めに終わらなかったので、スカパーで見ていたのでオフザボールはわかんないけど、中盤でフィルターがかかってなかったね。ボールを奪われた時点で毎度毎度3人しかいない。はっきり言ってしまうと失点が多いのは中盤の問題。

 試合内容は書く気も起きないレベルでした。見に行けなくてよかった。率直な意見ですね。大量失点でも後ろでチンタラチンタラバックパスしてるとイライラするんですよね。去年はそんなことなかったんですが。去年と違って戦う集団って感じがしませんね。


 それにほんとゴール裏ってブーイングしなくなったね。言っちゃ悪いけど牙抜けたよね。JFLの頃は引き分けでも「池谷でてこいやーー」って言ってた集団とは思えないね。

 明日はKKウイングで徳島ヴォルティスがありますね。俺が行けるかどうかは微妙ですね。明日の用事の新着状況次第ですね。いけなかったらスカパーですね。徳島は現在8位。

 予想フォーメーション
■■■■■■■■■■
■■■■羽地■■■■
■■柿谷■■徳重■■
藤田■■■■■■三田
■■倉貫■■青山■■
■登尾■三木■■ペ■
■■■■上野■■■■
■■■■■■■■■■



 得点は熊本と同じぐらいですが失点は38ですね。去年までは下位に低迷してましたが、その期間中に選手ではなく設備に予算を使っていました。その設備投資があらかた終わった為に、今季は大型補強で一気にチームが変わりましたね。どんなサッカーをするか気になって今朝試合を見ようとしましたが・・・TVを見ながら強烈な睡魔で2度寝してしまいましたね。

 まぁなにより失点が少ない徳島DF陣をいかにして崩すかですね。変則2トップでいかに相手3バックとギャップを生み出せるかキモになるかな?ってとこですね。先制点を与えると2シャドーの裏への飛び出しが怖いんで、先制したいですね。


【酒井法子逮捕】尿検査の結果は「シロ」
2009.8.9 18:17

警視庁渋谷警察署に移送された酒井法子容疑者(斎藤浩一撮影)警視庁渋谷警察署に移送された酒井法子容疑者(斎藤浩一撮影)

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された酒井法子容疑者(38)の尿検査結果について、覚醒剤の陽性反応は出なかったことが分かった。捜査幹部が明らかにした。
                   産経ニュース



 案の定、逃げたおかげで尿検査の結果は白になりましたね。自白もあるけど基本的には自白だけじゃダメなんだよね。まぁ夫の自供でどこまで使用を確定できるかが論点になりそうなんだけど、ネットを見る限りじゃ常用してれば髪や爪からも調べられるみたいだからそっちから黒に持っていってほしいんだよね。

 おそらく初犯だから執行猶予がつくだろうし、おそらくは1年ぐらい謹慎してその後は普通にTVとかに出てんだろうね。所詮芸能界なんてある程度のランクまでいけば馴れ合いで終わるし。

歌手の和田アキ子(59)が9日、TBS系「アッコにおまかせ!」で酒井法子容疑者(38)の
逮捕騒動に触れた。和田は「ここんとこ芸能界、ちょっと覚せい剤とかクスリとか多い
ですからね」とため息を付き、酒井容疑者と同じ事務所サンミュージックに所属する
お笑いタレントのカンニング竹山(38)は「悪いことは悪いことですから。僕にとっては
もう『マンモスかなピー(とても悲しい)』みたいなことですね」とのりピー語で心境を
語ったが、場違いな空気に包まれた。

和田は、事務所の対応を批判。「反省して芸能活動をしたいならば、手を差し伸べたい」
と言っていたという報道に「今そんなこと、おたくの会社が言ってる場合じゃないでしょ」
と苦言を呈した。



 この記事見る限りは事務所も復帰させる気満々だしね。そもそもいい加減に薬やっても謹慎すれば問題ないみたいな甘ったるい考えやめろって話なんだよね。陽性反応がでたら速攻で追放!ぐらいのことにしないといつまでたっても芸能界はシャブ漬けです。

この記事を書き始める直前に速報が入りまして


酒井法子に逮捕状請求 覚せい剤所持容疑で

8月7日11時9分配信 サンケイスポーツ
 夫が覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された歌手で女優、酒井法子(38)について、警視庁は7日、覚せい剤所持容疑で逮捕状を請求した。

 前日6日夜、一緒にいるとみられていた酒井の長男(10)が東京都内で見つかり無事保護されたが、酒井の行方は依然不明。



 案の定こんな話になりましたね。ネット上では、失踪した時から逃げているのは酒井法子本人も覚せい剤を使っているから尿検査で反応が出なくなるまで逃げているという意見が大半を占めていました。はっきり言って俺もそう思っていましたね。失踪の流れも不可解でしたし。

 今の時代警察が介入する事態になれば携帯の電波から逆探されるのも常識ですし、それをわかって電源を切っているのも明確ですし、日本の警察は馬鹿じゃありませんし、あれほど顔の割れた人物なんで誰かにかくまわれていない限りすぐに捕まりますね。のりPが捕まれば芸能界がごっそり捕まるかもしれませんね。

 久々に入場者カウンターをみると・・・なんと10000HITを越えてました。ブログを開設してから約2年地味地味増やしてきた結果です。今までこのブログに訪れていただいた皆様ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

 話を昨日の愛媛FC戦に戻します。昨日の愛媛FC戦は高知県の高知県立春野総合運動公園陸上競技場で行われました。特にプロスポーツチームがあるわけでもないのに大型ビジョンまである立派なスタジアムですが、おそらく国体スタジアムなんでしょうね。

      ロアッソ熊本              愛媛FC

       藤田                内村   田中
 宇留野        西        千島         大山
   吉井 石井 山本            横谷   永井
原田          市村       青野         赤井
    福王  ソンジン            吉川  柴小屋
       木下                  山本



 けが人が多いと聞いていた愛媛ですがまさかここまでとは思いませんでした。立ち上がりから急造の組み換えによって、どうもかみ合わない愛媛に対していつも通りパスを回す熊本。右サイドからクロスを吉井が決めて2点を取ります。






 不慣れなSBをついての2点。相手が噛み合う前に点を取れたのがよかったです。時間とともに少しづつ噛み合ってきた愛媛でしたが、少しの運と積極性が足りませんでしたね。それでもボランチに入った横谷からの裏に出すパスからの両FWの飛び出しは脅威でしたね。けが人が戻ってくれば巻き返しそうなチームでした。


 なんか文章がまとまんないので、ここで終わります。

 明日は高知で愛媛FC戦ということになりました。前節四国ダービーに臨んだ愛媛でしたが、退場者2人を出して0?6という結果になったしまいました。んで明日の試合は出場停止2名のために、愛媛はDF登録の選手が3人しかいません。その中の1人は強化指定選手なんで大学のほうで試合があるために明日は出れません。実質2人です。

 そんな状況の愛媛なんで何が何でも勝たなきゃいけない試合です。明日のスタメン予想は基本的にはベガルタ戦と変わりません。いかに急増仕上げのDFラインをかき乱せるかがカギになりますね。明日はスカパーに入って初めての生放送なんで楽しみです。

 明日の愛媛FC戦の話をする前に公式みたら出てたので、

J2第30節での選手の行為に対するお詫び

7月26日(日)に行われたJ2第30節(アビスパ福岡戦)において、当クラブの木島良輔選手が行った行為が、観戦中のお客様他多くの関係各位の信頼を損ねてしまいました。
皆様方に心よりお詫びを申し上げますと共に、今後二度とこのような事がないよう、誠心誠意努力して信頼回復に努めて参ります。
尚、フェアプレー精神に反する今回の行為を重く受け止め、岡代表取締役、及び、池谷総監督・GM、並びに北野監督、木島選手に対し、以下の処分を科すこととなりましたのでご報告いたします。

〔信頼を損ねた行為〕
選手交代の際、着用していたユニフォームを投げ捨ててロッカールームへ下がった。

〔処分〕
・岡代表取締役、池谷総監督・GM:減俸処分1ヶ月
・北野監督:厳重注意処分
・木島選手:2009年8月1日?8月14日における全ての対外試合への出場停止、及び、上記期間中のイベントやボランティア活動への参加

〔木島選手コメント〕
このたびは、スポンサーやファンの皆様にご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ございませんでした。今後はこのような事がないよう気をつけ、練習に励みたいと思います。



 俺はバックスタンドにいたからこのシーンを見てないんだけど、処分がきつすぎる気がするんだよね。こんなの内部で罰金なりをすればいいだけであって外部に公表するレベルの問題ではないんじゃないでしょうかね。まぁ現実問題は木島は今肉離れで別メニューだから実際は出場できないだろうからいいんだけど。

 俺は木島みたいに気持ちを前面に出す選手が好きです。

 みなさん、この暑い中どうお過ごしですか?ってことで今日。スカパーを業者に設置してもらいました。これでアウェイでも試合を見れるようになりました。

 このところアウェイの日は新市街のLIVE CAFEでアウェイを観戦してましたが、正直熊本市内まで片道1時間かけていくのがしんどかったので、設置に至りましたね。あとはHDDレコーダーでもあればいいんですが録画してもおそらく見直さないだろうから、しばらくは買わないでしょうね。とりあえず水曜が待ち遠しいです。

 今日のベガルタ戦は2?3で敗戦。これで4連敗ですね。点は取れてるけど、勝てませんね。なんとなくですが、1試合の失点を一つ減らせればかなり勝ち点も拾えるような気がしますね。

 ずっと思ってたんですが、ちょっとDF陣が若すぎる気もしてきましたね。一人ぐらいベテランがいればまた違う気がしますね。少し前のコラムでこういうのを見ました。

金古聖司 南国で再起を図る“超高校級”と言われたDF
このコラムの中で気になることが一つあります。

しかし新天地は一向に決まらなかった。年末、J2に昇格したばかりのクラブからオファーが届いたが、まごついている内に話が立ち消えると、世界不況の影響でマーケットの動きが存外に鈍かったこともあり、2月にJのキャンプがスタートしても話は来なかった。金古は自分=ケガというイメージを改めて突きつけられ、「本気で引退を考えた」と告白する。思い悩む夫とそれを気遣う妻は、何度も話し合いを重ねた。



 このオファーを出したチームってロアッソらしいんですよね。去年の終わりごろに金古にオファーを出してるって噂が2chにのってたんで。おそらくGMは金古をDFの軸に考えてたんでしょうね。けどもうないものねだりはできません。

 ここでDF陣が壁を越えられるかが今季の最大のテーマなのかもしれません。

12

Author:12
通りすがりのお馬さんにようこそ!